ギター旅人

ギタリスト ゆっくん 公式ブログ

おすすめ 音楽

安室奈美恵さん「Finally」を購入

投稿日:2017年12月4日 更新日:

こんにちは。

 

 

著者のゆっくんです。

 

90年代のダンスミュージックシーンを牽引されて来た安室奈美恵さんが引退を発表してから、ベストアルバムが発表されまして「これは買って聞きたい!」と思って購入しましたが、中々聞くことができませんでしたが…

 

やっと聞くことができました!

珠玉の名曲が…

安室さんは本当に、素晴らしい名曲群をお持ちですよね。

 

僕と同年代や少し上の先輩方は、ほぼ100%の確率で何かしらの媒体を通り、耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

月9の主題歌にもなった「CAN YOU CELEBRATE?」をはじめ、スマッシュヒットになった「a walk in the park」「You’re my sunshine」など、90年代の安室奈美恵さんの楽曲の素晴らしさは、今聞いても色褪せません。

 

正直なところ、近年の楽曲については多く触れて来なかったのでベストアルバムの発売は嬉しかったです。

 

聞き出してみると…

早速、プレイヤーにCDを入れて聞きました。

 

僕はベストアルバムの形式では、まず「お気に入り」の曲から聞きます。苺のショートケーキの苺を真っ先に食べるタイプです(笑)

 

聞き進めていくと何か違和感を感じました。

 

 

「記憶の中にある安室奈美恵さんの声じゃない。バックの演奏もなんか違う…」

 

なんだろう?と思ってましたが、きっとしばらく聞いてなかったので耳が錯覚を起こしているのだろうと思いましたが。

 

「やっぱり違う!今の声じゃないか?」

 

「TRY ME〜私を信じて〜」を聞いた瞬間に確信に変わり、Googleで調べてみると「再録した」との情報がありました。

 

安室奈美恵さんの楽曲が1〜39曲目までは再録音をし直して、今回のベストアルバムに収録されているという事でした。

 

今の安室さんの声を聞くには最高の一枚

最初に聞いた時には驚きましたが、今の安室奈美恵さんの歌声を聞くには最高の一枚だと思います。

 

過去の楽曲を、その当時のまま聞きたい方にはちょっとベクトルが違いますが、僕は「今の安室さんの声」が聞けるのは嬉しい一枚です。

 

なぜ再録音がなされたのかは、おそらくですが「原盤権」が関係しています。

 

安室さんは事務所を移籍されていますので、その際にレコード会社との兼ね合いで、原盤をそのまま収録することがなかったのだと思います。

 

それでも過去の名曲群を歌い直し、今の声で届けてくれた安室奈美恵さんに感謝です。

 

そして、プレイヤーとしては、この楽曲群のアレンジをし直し録り直したバックミュージシャン陣の凄さ。

 

ボーカリストの方も、バンドの方も、楽器を演奏している方も、アレンジを勉強している方も、作曲を勉強している方にも本当におすすめできる一枚です。

 

90年代から今まで第一線で活躍している「歌姫」の歌声と楽曲が一度に味わえる素晴らしいアルバムです。

-おすすめ, 音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

バンド活動は会社員の仕事の全てを持つ

こんにちは。 著者のゆっくんです。 「バンド活動」って聞くたびに、書くたびに「わ〜楽しそう!」って思いますし、実際に楽しいです。 でもその実、ちゃんと分析して、区分けして考えてみるとバンドマンの仕事の …

【機材レビュー】ぶっちゃけどうなの!?どれが良いの!?現代のフロアマルチ!

こんにちは。 著者のゆっくんです。   2019/6/2に行われたプロギタリストの山口和也さんが開催してくださった「タメシビキ会」   そこで非常に有意義な時間を過ごさせていただき …

【2018年まとめ】今年も一年ありがとうございました!

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今年も遂に今日の大晦日で終わりですね。 そこで今日は2018年の総括をしたいと思います。 本当にたくさんの事がありましたし、たくさんの行事に参加してきました! 目次 …

B’z 松本孝弘さんのギターについて

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回は僕が尊敬し、敬愛してやまないギタリスト「B’z 松本孝弘さん」について書いていきます。 すでに「知ってるよ〜」って方も「あんまり聞いてないんだよね」という方に …

【コラム】バンドマンに僕がBon Joviをオススメする3つの理由

こんにちは。 著者のゆっくんです。   タイトルを見て「何を今更?」感があると思いますが、閉じずに読んでください(笑)   僕が洋楽を好きになったきっかけはBon Joviからで、 …

サウンドハウス