ギター旅人

ギタリスト ゆっくん 公式ブログ

コラム 機材 音楽

【機材レビュー】新たに登場したモンスターフロアマルチ。MOOER GE300は凄かった。

投稿日:2019年6月5日 更新日:

こんにちは。

著者のゆっくんです。

 

2019/6/2に開催されたプロギタリストの山口和也さんが開催してくださった「タメシビキ会」でついに触ることが出来ました。

MOOREのGE300!!

すでに手に取られた方も多いと思います。

 

ちなみに山口さんもYoutubeにアップしてくださってます。

今回、初めて弾いてみたのですが…

 

「フロアマルチもここまで来たのか!」と感動しました。

 

何点か感想を書いていきたいと思います。

ちっちゃいのに凄い音!

前回、前々回と最新のフロアマルチの記事を書いていますが…

 

今回のGE300がダントツでコンパクト!

ほぼ最強なんじゃないかと思われたBOSSのGT−1000を凌ぐコンパクトさです。

 

そして見た目もカッコいい(笑)

 

でも肝心なのは音ですよね。

 

実際に出してみました。モデリングはENGLのモデリングですが…

 

これがまた良い音だったんです!会場にいた友人たちは皆ビックリしてました。

 

こんな筐体からこんな音出る!?と言った感じです。

 

これは本当に皆さんに弾いて欲しいです。

クリーン形もバッチリ!

歪みは大体のサウンドを試したので、次はクリーン形のサウンドをチェックしました。

 

使ってのはFender系のモデリング。

 

こちらもバッチリ!まさにFenderっぽいハリのあるクリーンでプリプリしてました。

 

Fender系のクリーンで僕が一番好きなのはこの「プリプリ感」

 

ここまで綺麗に再現されていたのは本当にすごいと思いましたし、弾いていて楽しかったですね!

トーンキャプチャーは…

山口さんの動画で最も注目されていた「トーンキャプチャー機能」については。

 

申し訳ありません!試すことが出来ませんでした!!

※時間の関係上です

 

しかし山口さんからお話を聞く限り、かなりな再現度との事。

 

詳しくは動画でご覧になってください!

GE300がお勧めな方は…

今回試したGE300ですが、アンプのモデリングも非常に優秀ですし音も良いです。

 

筐体もコンパクトで持ち運びもし易いと思います。

 

あとはHelixやGT−1000と弾き比べてどれが一番自身の好みなのか?で判断するレベルだと思います。

 

各フロアマルチでそれぞれ同じような系統のアンプモデリングはありますが、完全に別物ですので試して弾いてどれが好きか!で良いと思います!

※丸投げではありません。

 

時代を担う機能を搭載したGE300!

 

最新機材がお好きな方は是非触れてみて欲しいフロアマルチです!

 

楽器店にあったら是非手にとってみてください!

 

ご覧いただきありがとうございました!

-コラム, 機材, 音楽
-, , , ,

執筆者:

関連記事

【コラム】しっかり見直してみよう!超基礎の重要性!ピッキングフォームについて

こんにちは。 著者のゆっくんです。 皆さん。ピッキングに意識はどれほど向けられているでしょうか? ギターを弾く上で絶対に欠かせない技術が「ピッキング」 タッチの強弱で音の強さや、サステインなどをコント …

[機材レビュー]Wampler Tumnusシリーズ

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回はWampler社のTumnusシリーズのレビューをしていきます。 上質なオーバードライブをお探しの方は是非ご参考にして頂ければと思います! 目次1 Wampl …

2018/04/21 「TRAD ROCK PARTY Vol.1」

こんにちは。   著者のゆっくんです。   先日のお話になりますが、僕がリーダーとして所属している洋楽コピーバンド「Joker」が主催するライブイベント「TRAD ROCK PAR …

【コラム】バンドマンの時間の使い方の考察

こんにちは。 著者のゆっくんです。   今回は現役のバンドマンが「どうやって時間を使っていくか?」を考えてみたいと思います。   まず最初にぶった切りの形ではありますが「ライブをや …

no image

効果的なスタジオリハについて〜意識編〜

こんばんは。 著者のゆっくんです。 今回はバンドでの活動の際に必ず使用する「スタジオリハーサル」の効果的な活用法について書いて行きたいと思います。 あくまでも僕の実体験を基に記載いたしますので、不足点 …

サウンドハウス