ギター旅人

ギタリスト ゆっくん 公式ブログ

機材 音楽

【機材レビュー】超優等生!Fender American Eliteシリーズ

投稿日:2018年9月19日 更新日:

こんにちは。

著者のゆっくんです。

 

今回はFenderの最新機種「American Elite」をレビューしていきたいと思います。

2016年に発表されたAmerican Eliteシリーズ。

 

現行のFenderのレギュラーラインでは最上位機種に当たります。

 

過去に発売されていた「American professional」や「American deluxe」「American Vintage」とはまた一線をかく作りになっているとの事で早速弾いてきました。

 

が…めちゃくちゃ良かったです。

 

どの点が良かったかを上げていきたいと思います!

生鳴りが凄くいい!

僕はいつも実際にギターを持った時に必ずボリュームをゼロにして、まず「生鳴り」を確認するのですが、この時点で既に気持ちいい生鳴りがしました!

 

しっかりヘッドからボディエンドまで鳴っていて、お腹と左手に気持ちのいい振動がありました!

 

吊るし(店舗で置いてある状態)からこれだけ鳴るとしたら、しっかりとセットアップをして鳴らしたらどんだけなるんだ!?とワクワクしながら弾かせてもらいました!

 

吊るしの状態でもすぐにライブで使えるくらい良いギターです!

新開発のピックアップが秀逸!

そしてエレキには欠かせないピックアップも一新。

 

フロントとセンターは「Fender Noiseless」なのですが、今回搭載されているのはよりビンテージ寄りなエッジ感を出しつつノイズも入らないような仕様にした「第4世代」のNoiseless。

 

フロントとセンターのハムキャンセルにしたらほぼ皆無でした!これは凄いです!

 

純粋にフロントだけで弾いても「これ…本当にストラト?」と思うほどノイズがなく、とても綺麗なトーンで弾くことが出来ます。

 

僕自身はビンテージのストラトは持っていないのですが、知人から弾かせていただいた際に感じた「ビンテージトーン」に近く、本当に「良いストラトの音ってこういう音だよね!」と思える仕様でした!

 

そして…中でも1番感動したのは「リアハムバッカー」

今回のAmerican EliteにはShawbackerというFenderシリーズに搭載されるために開発されたハムバッカーなのですが、これが凄く良いんです!

 

フロントから一気に切り替えても「ストラトらしいエッジ感」を残したリアハムで、単純にリプレイスメントピックアップを載っけてもこの音にはならないです。

 

この音でしばらく弾き続けました(笑)

※店員さんと話しながらおそらく20〜30分弾いてました…すんません。

 

このピックアップは自分のギターにも搭載したくなるほど良い音とニュアンスが出ました。

 

これ…欲しいです(笑)

独特なサウンドのS1スイッチ

マスターボリュームの真ん中がプッシュ式のスイッチになっておりまして、このスイッチを押すと格ポジションに応じてそれぞれのピックアップの仕様が変わるという…かなりサウンドバリエーションに富んだスイッチが搭載されております。

 

僕はセンターを使用した時にオンにしてリアとのハム接続する仕様が気に入りました。

 

このスイッチに関しては「使い所」次第でめちゃくちゃ強力な相棒になってくれると思います!

 

詳細は公式サイトで…お願いします(笑)

 

握り込みやすく、ハイポジションも弾きやすいネック

そして僕が1番こだわる「ネックのシェイプ」なのですが、「CtoDシェイプ」といってローフレット側はCシェイプなのですが、ハイポジションに向かうにつれてDシェイプに変化していくネック。

 

指板面は「コンパウンドラディアス」の9.5〜14仕様になっていますので、弦高を調整したりする際やチョーキングなどをした時の音詰まりが起こりにくくなってプレイアビリティも改善されています。

 

僕はVシェイプのネックが好きなのですが、しばらく弾いているうちに自然に馴染んでいきました(笑)

 

60年仕様などが好きな方はバッチリハマるネックだと思います!ただし63年のようなビッグファットネックではないので太めが好きな方は慣れるまで少し時間がかかるかもです。

 

万人に好まれるネックだと思います!

SSHのみの使用のダイレクトリアスイッチ!

これが1番驚いた仕様でした。

 

まさかのFenderが「リアダイレクトスイッチ」を搭載するとは思いもしませんでした。

 

このリアダイレクトスイッチは使いようによっては凄く便利で、5wayのセレクターをハーフトーンかセンターにしておき、ダイレクトスイッチでリアを弾いていれば…

 

リードでガンガン弾いた後にクリーンのアルペジオ を弾きたい時にスイッチ1つでそのトーンに着地できるということ。

 

特にストラトのハーフトーンを好んで使われている方には持ってこいの仕様ですし、使い慣れれば本当に便利です!

既に著名な方が…

このAmerican Eliteシリーズ。

 

既に現役のミュージシャンの方々も使用されており、その中でも1番有名な方ではTUBEの春畑道哉さんだと思います。

 

春畑さんは既に自身の仕様にモディファイされており、がんがんライブで使われているとのこと。

 

日本きってのFender使いの春畑さんが使用されるのも「わかる!!」って思ってしまうほど完成度が高いギターです。

最後に…

このAmerican Eliteシリーズの価格は28万円ほどで、決して安くはありません。

 

しかし…現在レスポールを使用されていて「良いストラト欲しいな〜」と思ってる方や、既にコンポーネント系のハイスペギターをお使いの方にはめちゃくちゃおすすめできる「現代のストラトキャスター」です。

 

僕自身も落ち着いた時に手に入れようと本気で思ってます(笑)

 

Fenderの現在の本気が集約されたAmerican Elite。

 

是非、試してみてください!

 

ご覧頂きありがとうございました!

-機材, 音楽
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

【ストラト対レスポール】超レスポールっ子だった僕がストラトをメインにしてる理由

こんばんは。 著者のゆっくんです。 さて…今回は昨今メインで使用しているCombat製54タイプのストラトについて触れていきたいと思います。 こちらのギター。 このブログでは相当な回数触れていますが、 …

【2018年まとめ】今年も一年ありがとうございました!

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今年も遂に今日の大晦日で終わりですね。 そこで今日は2018年の総括をしたいと思います。 本当にたくさんの事がありましたし、たくさんの行事に参加してきました! 目次 …

2018/04/21 「TRAD ROCK PARTY Vol.1」

こんにちは。   著者のゆっくんです。   先日のお話になりますが、僕がリーダーとして所属している洋楽コピーバンド「Joker」が主催するライブイベント「TRAD ROCK PAR …

[機材レビュー]Wampler Tumnusシリーズ

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回はWampler社のTumnusシリーズのレビューをしていきます。 上質なオーバードライブをお探しの方は是非ご参考にして頂ければと思います! 目次1 Wampl …

no image

【2017年度】おすすめのギター弦!!

こんにちは。     著者のゆっくんです。   今回は2017年度の僕が使用した中でのおすすめのギター弦をご紹介します。 目次1 王道メーカーが多かったですが…2 レスポ …

サウンドハウス