ギター旅人

ギタリスト ゆっくん 公式ブログ

音楽

【機材レビュー】GT-1の利便性について

投稿日:

こんにちは。

著者のゆっくんです。

今回はBOSSのマルチエフェクター「GT-1」のレビューを行ってまいります。

検討されている方のご参考になれば幸いです。

スペックなどについてはBOSSのメーカーサイトなどでご確認いただいた方が良いと思うので、ここでは僕なりの使い方でのレビューをいたします。

https://www.boss.info/jp/products/gt-1/

利便性最強?BOSSのGT-1

従来のマルチエフェクターは便利なのですが「重い」「でかい」などで避けていた方が多いと思います。

しかしこのGT-1はGIGBAGに収納できるほどの小ささ。

もち運びには最適ですし、自宅で作りこんだエフェクトをそのまま持ち運べるのですから最高です。

自宅でも練習する際にはヘッドホンアウトがあるので、深夜の練習にももってこいですね。

フロアマルチとして

僕はこの使用方法が多いですね。

歪みは自分のお気に入りか、アンプの歪みを使いますが、空間系は全てSEND/Returnを使用し、このGT-1に任せています。

UP・DOWNスイッチをアサインで切り替えてDelay/Chorus/Soloにしています。

ボリュームペダルはそのままマスターボリュームとして使用してますね。

音質も安定したBOSSの音質なので使い勝手が非常によく、ライブでも好評価を頂いてます。

アンプシミュレーターとして

アンプシミュレーターとしての機能が特化したGT-1はそのままレコーディングでも使用できます。

実際に僕は先日のレコーディングの際にはGT-1のみで録音しました。

こちらもセッティング次第でかなりの音にまで作りこみが出来ます。

ただ、どうしてもデジタル感がする!という方はFractalかKemperの方がいいと思います。

※ただし費用がかなり違いますのでご注意を。

REC機材として

レコーディング機材としては、先にも書きましたが便利すぎます。

自宅で音の作りこみがしやすく、PCを使用すればかなり深いところまで作りこめるので可能性はかなりあります。

ぜひ自宅で音作りをされる方は、PCを使用して作りこんでください。

まとめ

この音質と利便性をもち、さらに価格が20,000円ほど。

BOSSさんの本気はすごいなって実感させてもらえた機種です。

運搬はバンドマンにとってかなりのネックなので、もし移動が大変だ!って思っている方がいらしたらお勧めですので、ぜひお試しください。

-音楽
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2018/04/21 「TRAD ROCK PARTY Vol.1」

こんにちは。   著者のゆっくんです。   先日のお話になりますが、僕がリーダーとして所属している洋楽コピーバンド「Joker」が主催するライブイベント「TRAD ROCK PAR …

【機材レビュー】パッチケーブルについて

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回はみんなが大好きでギターをやっていく上ではほとんどの方が使用する「パッチケーブル」についてご紹介していきたいと思います。 パッチケーブルも、いろんなメーカーさん …

no image

有難い悲鳴

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今年に入ってから自身のイベントや、セッションのお誘いなどが多くあり非常に有難い悲鳴が出ております。 そんな中、どうやって全ての工程をこなしているか。僕なりではありま …

B’z Takトーンの作り方〜ワウペダルとFixed Wahについてどっちが良いのか?

こんにちは。 著者のゆっくんです。   今回はB’zの松本さんのギターの音「トーン」について書いていきます。 松本さんのサウンドについては過去記事もございますのでそちらもよろしけ …

【1周年】ギター旅人1周年

こんにちは。 著者のゆっくんです。 皆様のお力添えもあり、ブログ「ギター旅人」が1周年を迎えました。 様々な記事を書いてきましたが、今後も音楽をはじめ色んな事を発信していけたら… と思っております。 …

サウンドハウス