ギター旅人

ギタリスト ゆっくん 公式ブログ

おすすめ 機材 音楽

【機材レビュー】Ovaltone GD-013 Version 2.0

投稿日:2017年12月25日 更新日:

こんにちは。

著者のゆっくんです。

今回はOvaltoneさんから新しく発売になった「GD-013 version2.0」のレビューをいたします。

新しい歪みペダルを探している方のご参考になれば幸いです。

守備範囲はOvaltone製品中トップクラス

コントロールはとてもシンプルでGain,Tone,Volumeの3つです。

切り替えスイッチが2つついていますが、こちらは後の項目で記載いたします。

Gainについては各Modeでかなりの可変幅があり、とてもセッティングがしやすかったです。

僕がよく演奏するハードロックから、ブルースまで余裕で変化できますし、歪み方もとてもナチュラル。

そして何より僕が一番感動したのが「ボリュームの追従性」が非常に高く、激歪みのセッティングからクランチまで、ハリのあるクリーントーンまで調整することができました。

これは凄いことで、ブランドさんのHPでは「アンプライクではない」と記載してありますが、この歪みの調整できる加減はアンプに近いと思います。

ハリのあるクリーントーンを作るもの、メタルを演奏する方にも対応できる素晴らしい歪みです。

歪みの質に関してはMarshall系の歪みではなく、同社の製品「Q.O.O.」や「OD-FIVE Xtreme」のようなモダンな歪み方ですので、Marshall系の歪みが欲しい方は「34-Xtreme」があっていると思います。

この機材に関してのレビューも今度合わせて書きたいと思います。

3Modeの変化の仕方

Mode切り替えのスイッチは「D.S」「VIN」「O.D」とありこちらについては切替で若干の音量の差はあれど、どのmodeでもセッティングがしやすく、使い勝手は最高です。

D.S=Distortionモード

このモードが一番歪みます(笑)

歪みのレベルについては12時くらいまでは歪みが強くなっていきますが、12時以降は歪みの倍音が強くなっていく感じがしました。

12時以降のセッティングにしても、Volumeのコントロールでクランチまで落とし込むことができました。

この可変幅は本当に使いやすいです!

このモードはメタルまでの歪みがでました。しかもストラトで!思わずイングヴェイを弾いてしまいましたし(笑)

レスポールやPRS系の方ならば、もっとGainを絞っても同等の歪みが得られるかと思います。

どんな音楽に合うかと言われれば、日本のバンドではLOUDNESSやB’zのような歪みの強いバンドでも対応できます!

VIN=Vintageモード

このモードは気持ちのいいクランチ〜オーバードライブまでを担当してます。

モダンハイゲインのアンプではなく、ヴィンテージ系歪みアンプのような歪み方です。

このモードではBluesや、POPバンドのバッキング・リードなど様々なシーンで活用できますし、ちょっとGainをあげてクラシックロックなどもできると思います。

O.D=Over Driveモード

このモードは他にメインの歪みペダルがあった際に使用したらいい感じの倍音を足してくれる感じがしました。

僕が気に入った使い方としては、Gainは9時くらいでToneはお好み、Volumeは13時くらいでブースター的な使い方が気に入りました。

僕は足元にJHSのAngry Charlie V3があるので、それの前段にいれてソロの際に踏む感じの使用法をとります。

FATスイッチについて

左上部にFATスイッチがあり「x3」「x1」「x2」というスイッチがありますが、ギターにとって大切なMidの出方が変わります。

おすすめとしては、ハムバッキング系なら「x1」〜「x2」での使用で、シングルコイル系ならば「x1」〜「x3」の中でお好みで調整していただければと思います。

まとめ

3Mode x 3switchで非常に幅広い選択肢があり、どんなジャンルでも対応できる素晴らしいペダルです。

メインディストーションとして使用してもいいですし、ブースターとしても使用してもいい。

先に書いたOvaltoneさんの「FOUNTAIN」と合わせて使えば、できない音楽ジャンルがないのではないかと思います。

【機材レビュー】Ovaltone FOUNTAIN

本当に素晴らしいペダルを排出し続けてくれているOvaltoneさんには脱帽ですし、今後の製品にも期待大です!

GD-013 Version2.0 メーカーサイトデモ動画

-おすすめ, 機材, 音楽
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

10,000時間の練習について〜基礎編〜

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回は僕が行なった10,000時間の練習について書きます。 前の記事も合わせてご覧いただければ思います。 今回は「基礎編」として、演奏だったり、仕事だったり、どんな …

【機材レビュー】2ndギターに是非!プロの目利きとモディファイ!Addictone Modified Guitar

こんにちは。 著者のゆっくんです。   先日、お伺いしたAddictoneさん。   実はレギュラーラインの他にもギターを取り揃えていらっしゃいまして…   「中古市場に …

【機材レビュー】セッションに持っていくならばこれがオススメ!Xotic BB Preamp

こんにちは。   著者のゆっくんです。   色んなセッションで色んなギタリストさんに会うのですが、かなりの割合で使用されているがこのXoticのBB Preamp。   登場してし …

no image

ギターレッスンについて

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回はギターレッスンについて。 僕も生徒の時代があり、先生の時代がありなので両方の観点から書いていきたいと思います。 目次1 レッスンを受ける上で1.1 最終的な目 …

【機材レビュー】遂に手に入れたオールインワン!Line6 Helix LT

こんにちは。 著者のゆっくんです。 先日、遂に待望の新機材を手に入れました。 それは…「Line6 Helix LT」です!!! もう…試した時から欲しくて欲しくて、中々買えず発狂しかけました(笑) …

サウンドハウス