ギター旅人

ギタリスト ゆっくん 公式ブログ

機材 音楽

【機材レビュー】やっぱり凄かったJames Tyler Japan Studio Elite HDについて

投稿日:

こんにちは。

著者のゆっくんです。

今回は、James Tyler JapanのStudio Elite HDについてレビューしていきたいと思います。

 

コンポーネント系の最高峰ブランドの1つ「James Tyler」ですが、僕はあんまり触れてこなかったんです。

 

周りの友人で使ってる人がいなかったという事と、やはりSuhrとかTom Andersonとかの方がモダンな感じがして好きだったんです。

 

ただ…ギターの好みは変わるもの(笑)

 

「ストラトで最高なのが欲しい!!」といういつまで続くかわからない僕の気持ちが最高潮の時に「ゆっくん。James Tylerは?」と言ってもらえた事があり、初めてちゃんと触れに行きました。

ストラトの究極系!?

僕が触れたのはJames Tylerの中でもスタンダードなHDというミッドブースターが搭載されたSSHのモデルでした。

 

持って見てまず感じたのはバランスが本当に良くて、ネックの馴染みがまるで「吸い付く」様な感覚。

 

実際に生鳴りも凄く良くて左手とお腹周りにビンビン来ました。

 

アンプから音を出した時はもう…しばらく悦に浸れる音で、しっかり太さはあるのにクリアなフロント、アルペジオやカッティングで弾いたらたまらないハーフトーン。バランスの良いセンターにしっかりパワーはあるのに分離の良いリア。

 

全てが綺麗なバランスで作られていて「これがJames Tylerですよ!」とギターに言われている感覚。

 

僕の持っているストラトも自慢の愛機ですが、また違う次元の音の良さ。

 

一言で言うならば「全てがクリア」なんです。

 

ピッキングニュアンスやフィンガリングの全部を反映するのでめちゃくちゃドSなギターですが間違いなく「プレイヤーの全てを映し出してくれる」と思います。

 

SuhrやTom Andersonとはまた違い、スタンダードなストラトを究極進化させたらこうなりましたよ!と言ったイメージです。

凄く使い勝手のいいミッドブースター

そしてこれも感動しました。

 

ミッドブースター。

 

Fenderではクラプトンモデルに搭載されてます。

 

James Tylerのミッドブースターは本当に使い勝手が良すぎます。

 

言うなれば「クリーンブースターを常に搭載しているギター」で、ミッドブースターと書いていますが「音のハリ」を際立たせてくれる絶妙なチューニング加減。

 

フロント+センターのハーフトーンで少しボリュームを絞り、ミッドブースターをオンにしてカッティングなどをするともう笑みが出っぱなしになりました。

この音だけで5〜6時間は弾いていられます。

 

もちろんリードの時にも凄い効果を発揮してくれますし、リアハム+ミッドブースターでガンガン弾くときなんて「この音で十分だ!」と思わせてくれる素晴らしいブースターでした。

材の違いがしっかりわかる作り

僕はありがたい事にアルダーとマムヨという材の両方の仕様で弾かせていただけました。

 

アルダーの方がミッドに少し塊があるような音で、マムヨは「これぞJames Tylerの音ですよ!」と言う感じのレンジの広さ。

 

店員さん曰く、マムヨはバスウッドの性質に近い材でローからハイレンジまでアルダーよりもクリアに出るとの事でした。

 

ここに関しては個人の好みがあるので、お試し頂いてどちらが好みかを見つけてもらえると良いと思います。

 

僕はレンジの広いストラトが好きなのでマムヨのストラトがドンピシャでした。

※普段もアッシュのストラトを使っています。

 

アッシュもレンジは広いのですが、比べるとアッシュの方が「ゴン!」と言ったパワー感がありますがマムヨはその辺がクリアです。

本家USAと比べて

さて…1番気になるのはUSAと比較してと言う事だと思います。

 

試す時に本家のUSAも触らせていただきましたが、違いは正直あります。

 

ただこれは本当に「好み」というか、満足度の違いもあるのかなと思います。

 

本家の方が「暴れる感じ」はありましたが、それが全て良しというわけではなく、アンプから音を出せば双方とも「James Tyler」の音なんです!

 

後は使う方がUSAにこだわるかJapanが良いか?のところだと思います。

 

そもそもがギターは一本一本違うので、その好みの中から1番合うものであれば1番良いと思います。

最後に…

初めて触れたJames Tylerというブランド。

 

もし…もっと早く触れていたら僕の家はJames Tyleryで埋まっていたのではないか?と思うくらいの衝撃がありました。

 

全ての機能、サウンドがハイレベルで「どこでも使える最高峰」の1つのギターブランドなんだと痛感しました。

 

もし、バンドの楽曲やセッションなどで「オールマイティなギターが欲しい!」と思ってる方がいらっしゃったら是非試してみていただきたいギターです。

 

ご覧頂きありがとうございました!

-機材, 音楽
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

新しいイベントを企画する事について

こんにちは。   著者のゆっくんです。   実は現在、来年に行うイベントの企画と打ち合わせをしております。   その中で段取りとして行なっておくべきことをお伝えいたします …

【音源レビュー】時代に逆行した最新作!!B’z「NEW LOVE」

こんにちは。 著者のゆっくんです。   2019/05/29に発売されたB’zの21枚目の最新作。 「NEW LOVE」 前作「Dinosaur」から約1年半ぶりの作品。 &nb …

B’z Takトーンの作り方〜半止めWAH編〜

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回は前回の記事「B’z Takトーンの作り方」の続編になります。   前回の記事はこちら。 B’z TAKトーンの作り方〜ギター …

【機材レビュー】GT-1の利便性について

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回はBOSSのマルチエフェクター「GT-1」のレビューを行ってまいります。 検討されている方のご参考になれば幸いです。 スペックなどについてはBOSSのメーカーサ …

no image

10,000時間の練習について〜基礎編〜

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回は僕が行なった10,000時間の練習について書きます。 前の記事も合わせてご覧いただければ思います。 今回は「基礎編」として、演奏だったり、仕事だったり、どんな …

サウンドハウス