ギター旅人

ギタリスト ゆっくん 公式ブログ

機材 音楽

【機材レビュー】やっぱり凄かったJames Tyler Japan Studio Elite HDについて

投稿日:

こんにちは。

著者のゆっくんです。

今回は、James Tyler JapanのStudio Elite HDについてレビューしていきたいと思います。

 

コンポーネント系の最高峰ブランドの1つ「James Tyler」ですが、僕はあんまり触れてこなかったんです。

 

周りの友人で使ってる人がいなかったという事と、やはりSuhrとかTom Andersonとかの方がモダンな感じがして好きだったんです。

 

ただ…ギターの好みは変わるもの(笑)

 

「ストラトで最高なのが欲しい!!」といういつまで続くかわからない僕の気持ちが最高潮の時に「ゆっくん。James Tylerは?」と言ってもらえた事があり、初めてちゃんと触れに行きました。

ストラトの究極系!?

僕が触れたのはJames Tylerの中でもスタンダードなHDというミッドブースターが搭載されたSSHのモデルでした。

 

持って見てまず感じたのはバランスが本当に良くて、ネックの馴染みがまるで「吸い付く」様な感覚。

 

実際に生鳴りも凄く良くて左手とお腹周りにビンビン来ました。

 

アンプから音を出した時はもう…しばらく悦に浸れる音で、しっかり太さはあるのにクリアなフロント、アルペジオやカッティングで弾いたらたまらないハーフトーン。バランスの良いセンターにしっかりパワーはあるのに分離の良いリア。

 

全てが綺麗なバランスで作られていて「これがJames Tylerですよ!」とギターに言われている感覚。

 

僕の持っているストラトも自慢の愛機ですが、また違う次元の音の良さ。

 

一言で言うならば「全てがクリア」なんです。

 

ピッキングニュアンスやフィンガリングの全部を反映するのでめちゃくちゃドSなギターですが間違いなく「プレイヤーの全てを映し出してくれる」と思います。

 

SuhrやTom Andersonとはまた違い、スタンダードなストラトを究極進化させたらこうなりましたよ!と言ったイメージです。

凄く使い勝手のいいミッドブースター

そしてこれも感動しました。

 

ミッドブースター。

 

Fenderではクラプトンモデルに搭載されてます。

 

James Tylerのミッドブースターは本当に使い勝手が良すぎます。

 

言うなれば「クリーンブースターを常に搭載しているギター」で、ミッドブースターと書いていますが「音のハリ」を際立たせてくれる絶妙なチューニング加減。

 

フロント+センターのハーフトーンで少しボリュームを絞り、ミッドブースターをオンにしてカッティングなどをするともう笑みが出っぱなしになりました。

この音だけで5〜6時間は弾いていられます。

 

もちろんリードの時にも凄い効果を発揮してくれますし、リアハム+ミッドブースターでガンガン弾くときなんて「この音で十分だ!」と思わせてくれる素晴らしいブースターでした。

材の違いがしっかりわかる作り

僕はありがたい事にアルダーとマムヨという材の両方の仕様で弾かせていただけました。

 

アルダーの方がミッドに少し塊があるような音で、マムヨは「これぞJames Tylerの音ですよ!」と言う感じのレンジの広さ。

 

店員さん曰く、マムヨはバスウッドの性質に近い材でローからハイレンジまでアルダーよりもクリアに出るとの事でした。

 

ここに関しては個人の好みがあるので、お試し頂いてどちらが好みかを見つけてもらえると良いと思います。

 

僕はレンジの広いストラトが好きなのでマムヨのストラトがドンピシャでした。

※普段もアッシュのストラトを使っています。

 

アッシュもレンジは広いのですが、比べるとアッシュの方が「ゴン!」と言ったパワー感がありますがマムヨはその辺がクリアです。

本家USAと比べて

さて…1番気になるのはUSAと比較してと言う事だと思います。

 

試す時に本家のUSAも触らせていただきましたが、違いは正直あります。

 

ただこれは本当に「好み」というか、満足度の違いもあるのかなと思います。

 

本家の方が「暴れる感じ」はありましたが、それが全て良しというわけではなく、アンプから音を出せば双方とも「James Tyler」の音なんです!

 

後は使う方がUSAにこだわるかJapanが良いか?のところだと思います。

 

そもそもがギターは一本一本違うので、その好みの中から1番合うものであれば1番良いと思います。

最後に…

初めて触れたJames Tylerというブランド。

 

もし…もっと早く触れていたら僕の家はJames Tyleryで埋まっていたのではないか?と思うくらいの衝撃がありました。

 

全ての機能、サウンドがハイレベルで「どこでも使える最高峰」の1つのギターブランドなんだと痛感しました。

 

もし、バンドの楽曲やセッションなどで「オールマイティなギターが欲しい!」と思ってる方がいらっしゃったら是非試してみていただきたいギターです。

 

ご覧頂きありがとうございました!

-機材, 音楽
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

【コラム】初めての参戦!2019年春のM3へ

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今までいろんな音楽をやって来たり、イベント、ライブに参戦して来ましたが… 今回初めてM3という「音系・メディアミックス同人即売会」へ行ってきました! もう、見るもの …

【機材情報】Fractal Axe Fx-Ⅲ

こんにちは。 著者のゆっくんです。 なんと今回のNAMMショウで驚きの情報が! 世界最高峰のギタープロフェッサー「Fractal Axe Fx」の最新機種が発表されました。 まだ詳細や発売は未定な所が …

no image

10,000時間の練習について

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回は「10,000時間の練習」について   僕が中学3年生の時、ある学習塾に通っていまして、そこの先生が音楽について色々と教えてくれました。 &nbsp …

no image

初めてのエフェクター選び【歪み編】

  こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回は「初めてのエフェクター選び」に焦点を当てて書いて行きたいと思います。 初めて選ぶ方に対しての記事になりますので、条件は下記のものにして行きたいと …

B’z Tak Matsumoto Canary Yellow Les paul

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回は、この度再販されるB’zの松本さんの新しいレスポール「Tak Matsumoto CY Les Paul」について書いて行きます。   去年から今年 …

サウンドハウス