ギター旅人

ギタリスト ゆっくん 公式ブログ

機材 音楽

【機材レビュー】Marshall好きはコレで決まり!Ovaltone 34-Xtreme

投稿日:

こんにちは。

著者のゆっくんです。

 

今回は大人気ブランド「Ovaltone」の34- Xtremeをレビューして行きたいと思います。

 

本当に素晴らしいペダルで、ついに「ここまでの歪みがペダルで出せるのか…」と感動しました。

 

僕の使い方や、こんな方にオススメです!と言ったことも含めて書いて行きたいと思います。

元々僕はアンプの歪み派でした。

そもそもの話をすると…僕は生粋の「アンプで歪みを作る派」で、どこのスタジオに行ってもMarshallアンプにブースターかオーバードライブ一個で勝負してました(笑)

※以前主催していたセッションの一コマより。友人のGTがかっこよかったので撮影時に借りてます(笑)

 

もうこの頃は「アンプの歪みが最上なんじゃ〜!!それ以外は認めない!」バリにアンプ好きでした。

 

どこのライブハウス、セッション、スタジオに行ってもそこにMarshallがあればそれでやってたんです。

そして手に入れた「Bogner Ecstasy」

あまりにアンプで作る歪みが好き過ぎて、Marshall系最高峰のアンプ「Bogner Ecstasy」を使っていました。

 

本当にクリーン・クランチ・オーバードライブ・ディストーションの全てが高次元で構成された最高のアンプでEcstacyを持っていたことは僕の経験でとても大きなものとなりました。

 

どこでも自分の好きな歪みでがっつりと音を出せる。ギタリストにとってはとても気持ちのいい事です。

しかし…大きな弊害も…

でも…良いことばかりではありませんでした。

 

まず「運搬」が車がないとほぼ不可能と言うか…無理ゲーです。

 

ライブハウスに着く前に力尽きるか…

 

もしくは全身が「北斗の拳」に出てくるキャラ並みの体格になります(笑)

 

そして、スタジオやライブハウス常設のアンプの音の「ばらつき」です。

 

どうしたってアンプは「消耗品」で、経年劣化により音がへたっていたり、ノブが正常に機能しなかったり、Gainも増幅量も同じ機種なのにバラバラ。と言う事が多々ありました。

 

そんな事をやっていた頃に、出会ったのが今回紹介する「Ovaltone」の製品達だったのです。

本当にペダルなの…?と思うほどの極上のディストーション

現在、僕はメインで54タイプの3シングルピックアップのストラトを使っています。

 

なぜ使っているギターを紹介したかと言うと…

 

語弊を恐れず書きますが「ハムバッカーを積んだギターならば歪みはある程度満足いく音が出る」と思います。

 

パワーがありガッツのある歪みサウンドはやはりハムバッカーのピックアップがあると出しやすいです。

 

実際に僕もハムバッカーの音は大好きですし、音作りもシングルコイルよりも熟知してますが…

 

今回、僕が歪みペダルで探していたのは「シングルコイルでハードロックの歪み」でした。

 

所有している「JHS」の「Angry Charlie V3」はMarshallの800系を基にモダン化したもので、結構堅めなサウンドがします。

※僕の主観です

 

そこで、探し回って楽器店で試走した時に「これ凄い!」と思ったのが今回のOvaltoneさんの「34-Xtreme」でした。

圧倒的Marshallサウンドが3種類

モードは3種類で、ブランドのサイトには下記のように記されています。

 

【CH.】はチャンネルつまみで、”B” “F” “P”の3種類のチャンネルから選択できます。

 

“B” チャンネル・・・ハイゲインモディファイドチャンネルで、中域の粘りがありまとまりの良い歪が得られます。

 

“F” チャンネル・・・ハイゲインモディファイドチャンネルで、王道のサウンドをそのままゲインアップしたようなワイルドな歪が得られます。

 

“P” チャンネル・・・プレキシを意識したローゲイン~ミドルゲインチャンネルです。

 

まさにMarshall好きにはたまらない仕様。

 

簡単ではありますが、各モードのインプレッションを書いていきたいと思います。

ギュッ密度の濃差がある【B】モード

各モードとも本当にMarshallらしさを感じられる仕様で、僕が特に気に入ったのがこのBモード。

 

3つのモードの中で最も「ギュッ」としたミッドがあり、かつて持っていた「Bogner」を彷彿させるサウンド。

 

このサウンド1発で手に入れるのを決めたと言っても過言ではありませんでした。

ブワッとしたサウンドの【F】モード

そしてもう1つのハイゲインチャンネルFモードは改造Marshallを基によりレンジが広いモード。

 

ザクザク系のメタルまで行けそうな歪み加減でBモードとの違いは歪んだ時のフォーカスしている帯域の違いかなと思います。

 

このモードも非常にハードロックなサウンドでVAN HALENとかを弾きたくなります。(笑)

クランチ〜オーバードライブの最高峰の【P】モード

最後はPモードですが、こちらはプレキシを基にしたサウンドで、クランチからオーバードライブまでが本当に気持ちのいいサウンドの歪みチャンネル。

 

歪みの量は前述の2つのモードよりも抑えてありその分「リアルな太さ」が前面に出てるモードです。

 

カッティング系のプレイが好きな方はまさにこのモードが一番適しているのではないかと思います。

ストラトキャスターとの相性

3シングルのストラトキャスターを使用している僕のレビューとして「ハードロックをやるならこれがあれば最高!」って言えます。

 

シングルコイルピックアップの弱点として「歪みに満足出来ない」という方もいらっしゃると思います。

 

しかし、この34-Xtremeならばハムバッカーレベルに近いところまでシングルコイルの音にドライブを持たせることができます。

※厳密には全く同じにはなりませんし、Gainをあげれば、その分ノイズも乗りますのでご注意を。

 

僕個人ではありますが「シングルコイルをもっとガッツリしたディストーションで鳴らしたい!」と思ってる方もいらっしゃると思いますので、ピックアップをハムバッカーに載せ替える前に一度試してみていただきたいです!

ハムバッカーとの相性

こちらに関してはもう最高!以外の言葉が見当たらないくらいで、Marshall系サウンドが好きな方はぜひ一度使ってみてほしいです。

 

ブラウンサウンドも、ザクザクのメタル系リフもしっかり出ます。

 

またプレキシモードで歌ウラを優しく弾くのも良いですね。

最後に

今回、一気に書いて来た感はありますが、Ovaltoneさんの主軸でもある34-Xtreme。

 

Marshall系の音が好きな方はすごいオススメ。

 

ヘッドアンプがなくても!最高のMarshall系サウンドを体感できますし、本当に「アンプに変わる歪みエフェクター」と筆頭だと思います。

 

なかなか手に入り辛い機種ではありますが!是非手にとってガンガン弾いてみてほしいです!

 

ご覧頂きありがとうございました!

-機材, 音楽
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

久々にCD購入。

こんにちは。   著者のゆっくんです。   久々にCD購入しまして。     やっと自宅に到着しました! 目次1 CDを買うという事。2 今回購入したのは… C …

no image

新しいイベントを企画する事について

こんにちは。   著者のゆっくんです。   実は現在、来年に行うイベントの企画と打ち合わせをしております。   その中で段取りとして行なっておくべきことをお伝えいたします …

【コラム】ギタリストならば知っている!Youtubeで話題の「タメシビキ会」へ参加してきました!

こんにちは。 著者のゆっくんです。   2019/06/02に行われたプロギタリストの山口和也さんが開催している「タメシビキ会」へ参加してきました!   今回も素晴らしい方々や機材 …

【コラム】楽器フェア2018に行ってきました!

こんにちは。 著者のゆっくんです。 先日開催された楽器フェア2018に行ってきました。 各ブース本当に素晴らしい新製品や目玉製品を出展していて見ているだけでも楽しいのに、さらに触れる、音が出せるという …

【オススメ曲】バンドを始めるならこの曲をおすすめします。B’z 「愛のバクダン」

こんにちは。 著者のゆっくんです。 先日、友人から「バンドを組んだんだけど何かやりやすい曲ある?」と聞かれまして… (これは記事にできるぞ…へへへ…※ゲス顔) と思い、友人にはこの曲をオススメしました …

サウンドハウス