ギター旅人

ギタリスト ゆっくん 公式ブログ

おすすめ 機材 音楽

B’z Takトーンの作り方〜半止めWAH編〜

投稿日:2018年1月17日 更新日:

こんにちは。

著者のゆっくんです。

今回は前回の記事「B’z Takトーンの作り方」の続編になります。

 

前回の記事はこちら。

B’z TAKトーンの作り方〜ギターと歪みに関して〜

今回はTakさんの代名詞的なサウンドでもある「半止めワウサウンド」に焦点をあてて書いていきたいと思います。

半止めワウとは?

「ワウは分かるけど【半止め】って何?」と思われる方もいらっしゃると思います。

 

ワウというエフェクターは足で踏込み、その踏込量を変えることで現在のサウンドのイコライジングを変えて、まるで人が話しているような人間っぽい音を得ることが出来ます。

 

もちろんサウンドの狙いにより、高音域を強調したり、低音をまろやかにしたりと使い方は人それぞれです。

 

その中でもTakさんは「ワウの稼働を半分の位置で止める」という手法をとっており、その為イコライジングが中音域に艶を持たせて何とも素敵なサウンドになります。

 

この手法は「マイケルシェンカー」が有名ですが、僕はTakさんの方が好きです(笑)

お勧めのWah

「Takさんの音に近づけるにはワウが必要なのはわかるけど、どのワウが良いの?」という方も多いと思いますので、僕のおすすめとかつてTakさんが使用していたワウをご紹介いたします。

Jim Dunlop Cry Baby

 

こちらはワウの超定番品。

 

初期のころのB’zではTakさんも使用しています。(TakさんのはJENというブランドのCry Babyでした)

 

価格も大変お手頃で初めて買うワウとしては一番いいです。

 

なお、いろんなメーカーからモディファイ品が出ておりますので、そちらを使ってもいいかと思います!

BUDDA WAH

 

こちらはBUDDAのワウ。(こちらは新型で、Takさんが使用しているのは旧型です。)

 

おそらくこのワウを使っている期間が最長なのでは…(モディファイ後も含め)

 

僕もこのワウを使っておりましたが、非常にサウンドが太く、しっかりとしたワウサンドが特徴。

 

また、トゥルーバイパスも採用しているのでワウにありがちな「音痩せ」がありません。

 

ちょっとお値段は上がりますが、お勧めです。

Jim Dunlop Tak Signatuer WAH

これは今、手に入るのでしょうか?(笑)

 

限定生産された「Tak Signatuer WAH」です。

 

このワウの特徴としては「Ch切替ができること」高音域と低音域でワウのかかり加減を調整できます。

 

僕は低音域にかかる方を使用しながら、踏込で太めの半止めワウサウンドを作ってました!

 

現在のTakトーンを再現するならばこのワウが一番いいかも…(手に入れば)

Xotic Xotic WAH

 

最後に僕が現在メインで使用しているワウのご紹介。

 

このワウのいいところはまず「小さい」「軽い」と言う事。そして「音が良い」「作りこめる」というところです。

 

本体のサイドにトルクがあり、細かく調整することが出来ます。

 

これによりどこの音域を調整したいかを決めることができるので本当に好みのワウサウンドが手に入ります。

 

価格はちょっと上がりますが、こちらも大プッシュ品です(笑)

まとめ

Takさんのトーンに近づけるために必須な「ワウ」色んな所でいろんな機種が出ておりますが、実際に触ってみて音を聞いてご自身にあったものをチョイスされるのが一番いいです。

 

どの機種も踏み込み幅やトーンの可変域が違いますので、実機に触れて確かめてみてください!

 

ご覧いただきありがとうございました。

-おすすめ, 機材, 音楽
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

B’z Tak Matsumoto Canary Yellow Les paul

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回は、この度再販されるB’zの松本さんの新しいレスポール「Tak Matsumoto CY Les Paul」について書いて行きます。   去年から今年 …

クリーンブースターの活用について

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回は「クリーンブースター」について。 スタジオやライブハウスでは色んな方々が、様々な使い方でアンプを使われていますよね。 そうすると俗に言う「アンプがへたる」と言 …

no image

有難い悲鳴

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今年に入ってから自身のイベントや、セッションのお誘いなどが多くあり非常に有難い悲鳴が出ております。 そんな中、どうやって全ての工程をこなしているか。僕なりではありま …

【コラム】バンドマンの時間の使い方の考察

こんにちは。 著者のゆっくんです。   今回は現役のバンドマンが「どうやって時間を使っていくか?」を考えてみたいと思います。   まず最初にぶった切りの形ではありますが「ライブをや …

ap bank fes’18 開催決定!

こんにちは。 著者のゆっくんです。 なんとも嬉しいニュースが舞い込んできました。   なんと「ap bank fes」が開催されるとのことです。 ap bank fes 18開催!! まだア …

サウンドハウス