ギター旅人

ギタリスト ゆっくん 公式ブログ

おすすめ 機材 音楽

【機材レビュー】JHS Angry Charlie V3

投稿日:

こんにちは。

著者のゆっくんです。

今回はJHSのAngry Charlieをレビューしていきたいと思います。

ハイゲインMarshallサウンドが好きな方はぜひご参考にしていただけると嬉しいです。

JHSとは

まずはJHSという聞きなれないブランドについてになります。

元々エフェクターのモディファイを仕事として行なっていたJosh Scottですが、色んなツアーやセッションを通じて「ミュージシャンが何を求めているのか?」を製品にしたブランドがJHSになります。

モディファイものを初めて触った時に「このブランドは凄い!」と感じました。

その時は「TS9」のモディファイものでしたが本当に良いTSペダルで、ブルースセッションの時にはこれを1個だけ持っていきます。

※僕はJohn MayerやSRVが好きなのでストラト+TS9の組み合わせが好きです。

求めていたMarshallサウンド

歪みの種類としてはMarshall系・Mesa系・OD100系・Fender系など様々なカテゴライズの歪みがありますが、もっと大枠で考えると「Britishサウンド(Marshall系・EL34系)」と「Americanサウンド(Fender系・6L6系)」の2種類になります。

Marshallサウンドでも1959系・800系・2000系・ブラウンサウンド・Mod系(Bogner系)など様々ですが、今回探していたのは「800系」の歪みサウンドでした。

様々なブランドがMarshal系のサウンドを出せるペダルを出していますが、今回のJHSのAngry Charlieはまさにそれに適応したペダルでした。

コントロール部はGain.Volume.3バンドEQ

こちらの画像の通りコントロールは5つでアンプと同じ様な感覚でサウンドメイクができます。

Gainはかなり幅がありますが13時以降はほとんど変わりません。

それ以上に素晴らしいのは3バンドEQの効き幅の広さと敏感性です。

本当に「ちょっと」「少し」「微妙に」動かしただけで音が変化します。

こう書くと「微妙なセッティングがずれて再現できない!」と思われがちですが、使用するアンプに対して、音創りを細かく作り込む事ができるんです。

僕も毎回スタジオのアンプとのコンビネーションをチェックしながら微妙にセッティングを変えて、自分の出したいサウンドにしています。

上質なDistortionサウンド

ベースになっているMarshallらしいサウンドがどのセッティングでも奏でられますが、僕はレスポールを使う時に少しだけミドルを絞って「ドンシャリ」気味に作りこんでます。

やっぱり800系の音はドンシャリが似合う感じがします。80年代のハードロックの音源などはこの800➕ドンシャリが歴史を作って来たサウンドの1つだと思ってます。

かと思えば、現代のハイゲインアンプに負けないくらいの歪みまで出せますので、かなりのオールラウンダーです。

僕はこの間、ポップスバンドでギター(ストラト)を弾いて来ましたが、その際はGainを10時、Midを少しあげて設定し、ボリュームコントロールで歪みの量をコントロールしてました。

そうすると、凄くポップにあうクランチサウンドが作れます!後段にブースターを入れてリードの際に踏んでましたが、良い音が出ました!

まとめ

最近、BOSSと共同でペダルを作り話題になったJHSで、じわじわとユーザーさんが増えてるの聞きます。

ペダルのレベルとクオリティは本当に安定して高いのでおススメです!

-おすすめ, 機材, 音楽
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

【Helixレビュー】初陣!Helix LT!想像以上に便利だった件について

こんにちは。 著者のゆっくんです。 先日手に入れたオールインワン。LINE6のHelix LT(以下LT)ですが… 本当に凄い使い勝手が良くて、めちゃくちゃ音が良かったです!   それまでは …

no image

【発売延期】Nutube Screamer

こんにちは。 著者のゆっくんです。 残念なニュースが入って来ました。 Ibanezの新製品「Nutube Screamer」が発売を夏まで延期とのこと。 期待値が高い製品だけに著者としてはかなり残念で …

no image

10,000時間の練習について〜耳コピ〜

こんにちは。 著者のゆっくんです。 10,000時間の練習について、今回は耳コピについて触れていきたいと思います。 目次1 耳コピとは?2 何から始めるのがいいのか2.1 コードを捉えよう2.2 実際 …

【コラム】バンドマンの時間の使い方の考察

こんにちは。 著者のゆっくんです。   今回は現役のバンドマンが「どうやって時間を使っていくか?」を考えてみたいと思います。   まず最初にぶった切りの形ではありますが「ライブをや …

【コラム】年末の一大イベント!六本木・西麻布「新世界」でJoker ライブを行ってきました

こんにちは。 著者のゆっくんです。 2019/12/8のお話になりますが、僕が所属している洋楽カバーバンド「Joker」のライブを六本木・西麻布にあるライブハウス「新世界」さんで行ってきました。 今回 …

サウンドハウス