ギター旅人

ギタリスト ゆっくん 公式ブログ

音楽

【レビュー】映画Bohemian Rhapsodyを観た感想を書いていきます!!

投稿日:

こんにちは。

著者のゆっくんです。

 

映画「Bohemian Rhapsody」を見てきました。

内容としては伝説のバンド「QUEEN」の伝記であり、若くしてこの世を去られた最高のボーカリスト「フレディ・マーキュリー」の生涯を描いたもの。

 

バンドマンではなくても、QUEENの曲を聞いた事がある方は多いはず。

 

それくらい世界的に大きな影響を与えたスーパーバンドの苦悩や葛藤、衝突、分裂、再生、復活をぎゅーっとまとめた2時間半。

 

もう…たまらなかったです。

 

そこを含め、見終わったばかりの僕が感じたことを書いていきたいと思います。

圧倒的なフレディの存在と才能

映画の中ではロック史に欠かす事の出来ない超名曲「Bohemian Rhapsody」の製作シーンが描かれています。

 

もうバンドマンとしてはここが特にゾクゾクきたところ。

 

当時は今のようにPC1つで録音ができた時代ではありませんし、自分の頭の中でなっているアレンジをやるのにも試行錯誤。

 

そのシーンが垣間見えて、本当に「これ…本当にやった事なのかな!?」とワクワクしながら見ちゃいました。

※ギター録音の時に左右に振る(パン振り)と言いますがそれをやろうとしてる姿が本当に「これマジ?」と思えました。

 

そしてQUEENと言えば「分厚いコーラス」が魅力のロックバンド。

 

ロジャーテイラーの録音風景も描かれているのですが、まさに「ガリレオってなに!?」と言ってるシーンがあり劇場内で爆笑が起こってました。

 

そんな中で、やはり凄いのがフレディの曲に対する貪欲さと言うか才能。

 

あのオペラの様なアレンジ、コーラスライン、メロディ、歌詞をメンバーから「ボス」と呼ばれながら舵を取って行く姿は本当にカッコいい。

 

これは是非、作曲をしてる方には見て欲しいシーンでした。

 

自分の曲にここまで向き合う事ができる。

 

本当に感動を超えて尊敬です。

そして…QUEENは4人の才能の集まりであって「家族」

QUEENと言うと、やはりボーカリストのフレディ・マーキュリーに目が行きますし、追ってしまいます。

 

それがボーカリストですよね!

 

しかしQUEENの凄いところはフレディを支える3人。

 

ブライアンメイ・ロジャーテイラー・ジョンディーコンの3人が本当に凄い。

 

映画の中ではフレディの天真爛漫(?)というか破茶滅茶な性格に一番真摯に向き合って支えています。

 

音楽的にも3人の才能が爆発する曲が映画の中で描かれています。ここは見てのお楽しみ。

 

「えっ?この曲ってこの人発信なの?」

 

「この曲はこうしたアイデアで生まれたのか!?」

 

など結構「へぇー」と思える瞬間があります。

 

一時、フレディはソロを行いますが最終的にはQUEENに戻ります。

 

映画の中でも描かれていましたし、僕も体感した事がありますが…

 

やってきたメンバーじゃないと出ない音がある

 

と言うのを感じるんですよね。

 

そのシーンは是非劇場で観ていただきたい。

 

僕は大泣きしました。

役者さんやスタッフの細かさが半端じゃない

人物の伝記ものというのは本人の映像や記録が残っているほど「これ…こうじゃないじゃん?」と言った心無いツッコミがあります。

 

が…この映画は凄いです。

 

フレディの履いてる靴、ピアノの上のステージドリンクの数と種類、そして本人たちの動きまでほぼ完コピです。

 

フレディ役のラミ・マレックさんの完コピっぷりとハマり感。

 

そしてブライアン・メイ役のグウィリム・リーさんはめちゃくちゃハマってました。

 

役者さんがしっかり似せてくれているかで、感情移入具合も変わってしまうのが「伝記」の大変なところですが、そこは本当にスタッフのこの映画に対しての「愛情」を感じるところでした。

フレディの葛藤・孤独も描かれています

フレディは同性愛者である事は史実でも記載されていますが、それ故に様々な物事で衝突するシーン、苦悩するシーン、葛藤し、孤独を感じるシーンも描かれています。

 

それを支えたのは仲間であり、かつての恋人だったりします。

 

おそらく会場でご覧になっていた方で、ご存知ではない方も多くいらっしゃったのか「えっ!?」という声も聞こえました。

 

だからこそ誰よりもセンシティブで、素晴らしい言葉を乗せたメロディが生まれ、思いを歌に乗せたのかな。と感じれる映画でした。

観るならレンタル待つより劇場で!

これは自宅では絶対に再現不可能な「音圧」の問題。

 

QUEENのライブシーンを描いているところが要所で出てきますが、その時の臨場感は半端じゃありません。

 

当時の音を本当に体感できますし、フェスのシーンの音は本当に凄いです。

 

まるで現地にいるかの様な錯覚に陥るほどの音を体感できます。

 

是非劇場で観て体感していただきたいです!

最後に…

QUEENのボーカリスト「フレディ・マーキュリー」の生涯を描いた「ボヘミアン・ラプソディー」

 

是非、日本にいる全バンドマンに見て欲しいですし、QUEENをちゃんと知らない方でも「この曲知ってる」となれる映画。

 

そして何より本当に物語が「生きてきた人の話」なのでめちゃくちゃ見応えがあります。

 

まだ見に行かれてない方は是非!

 

最後にオススメの音源や映像作品をご紹介します。

 

伝説の名曲「Bohemian Rhapsody」

映画の感動をもう一度体感したい方はこちら。

 

QUEENが「伝説」と呼ばれ、復活を果たしたライブはこちら。

 

まだQUEENをご存知ではない方に入門編でオススメはこちら。

 

僕ももう一回観にいこうかなと思ってます。

 

ご覧頂きありがとうございます。

-音楽
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

【機材レビュー】ブースターで迷った時はここに戻ってみよう BOSS SD-1の良さを再認識

こんにちは。 著者のゆっくんです。   世の中には沢山の歪みペダルがありますよね。   しかも最近は国産ハイエンドなペダルも沢山ありますし、ロングセラーになっているものもあれば、伝 …

2017年の締めくくり

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今年も最後の日になりましたね。 僕の今年の1年は本当に充実した事が多い年でした。 目次1 毎月開催のセッションへ参加2 洋楽カバーバンド「Joker」発足3 初めて …

【機材レビュー】安定の操作性と音!BOSS GT-1000

こんにちは。 著者のゆっくんです。   2019/6/2に行われたプロギタリストの山口和也さんが開催してくださった「タメシビキ会」 その中で現代のフロアマルチを一斉に試すという楽器店ではなか …

no image

主催イベント「ミリオンオーバー・ドラマ主題歌セッション」について

こんにちは。 著者のゆっくんです。   この度、自身での初の主催イベント「ミリオンオーバー・ドラマ主題歌セッション」を無事に開催・完了することができました。   携わってくださった …

no image

音楽や楽器を始めたい方へ

こんにちは。著者のゆっくんです。   今回は「楽器を始める理由やキッカケ」についてです。   いろんな方々が様々な理由で楽器を始めて行くのですが、僕としてはずっと続けて欲しいって気 …

サウンドハウス