ギター旅人

ギタリスト ゆっくん 公式ブログ

おすすめ 音楽

【音源レビュー】時代に逆行した最新作!!B’z「NEW LOVE」

投稿日:

こんにちは。

著者のゆっくんです。

 

2019/05/29に発売されたB’zの21枚目の最新作。

「NEW LOVE」

前作「Dinosaur」から約1年半ぶりの作品。

 

31年めのB’zがどんな作品を出してくれるのか?

 

が本当に楽しみでした!

何回かに分けて記事を書いていきたいと思いますので、今回は「全体像」編です!

時代に対して「超」逆行した感のギターロック

まずひと回し聞いてすぐに感じたのがこの感想でした。

 

アルバム全体を通して、ギターリフの量や存在感、そして音の太さは現代の音楽シーンとは完全に一線を画す物で…

 

「B’zしか出来ないよね!」と思える音。

 

OPの「マイニューラブ」を聞いた瞬間に…

 

あれっ?

 

最新作だよね?

 

2010年代だよね?

 

1980年代じゃないよね?

 

新元号になってから1発目だよね?

 

と強制タイムスリップを味わせて貰えるこの感じ。

 

Dinosaurツアーの時にMCで「時代遅れの〜」とおっしゃってましたが、ここまで突き抜けたロックサウンドは本当にかっこいいと思いました。

サポメンも新しい方々が!

今までのB’zの音源では結構固定のミュージシャンで政策をされていた感じがありましたが、今回は…

 

「えっ!?この人参加してるの!?」と思う様な方が…

 

ベースには東京事変やいきものがかりのベース・アレンジを担当している亀田さん、そしてドラムにもいきものがかりをはじめ、様々な方のバックで叩かれている玉田さん。

 

この2人のクレジットを見たときは思わず「マジか!!」って思いました。

その曲がこちらの「マジェスティック」

 

そのほかの楽曲も今までにないB’zのサポメンの方がいましたが、今回のスペシャルは…

 

AerosmithのJoe perryでしょう。

 

1曲に参加してますがその存在感は流石のかっこよさ。

 

叶うならばステージでのTakさんや稲葉さんとの絡みが見たいですね!

現代のリズムとクラシックロックの融合作品

現代のリズムといっても、デジタルを駆使したサウンドではなくドラムのフィールやベースのビートはすごく現代的です。

 

その上でクラシックとも思えるギターリフやサウンドが綺麗に乗っかっていて、古臭い感じがするのに古くない。

 

逆行しているのに最前線のロックな感じを聞けるのが今回のアルバム「NEW LOVE」の魅力なのかな?と思いました。

 

そしてそれを可能にするのがB’zが積み上げてきた30年というキャリアの凄みだと思います。

最後に…バンドマンには超オススメ!!

このアルバムを聴いて思ったのは「バンドマンの方々にたくさん聴いてほしい!」という事と、これからバンドを始めたい!という方に聞いてほしいという事。

 

今回のアルバムを聴いて「カッコいい」と思ったならば、きっと70〜80年代のクラシックなロックに魅力を感じると思います。

 

その時代こそ、稲葉さんと松本さんが音楽をリスナーとして聴いていた時代の音楽です。

 

本当にお2人が好きでやりたかった音楽を形にしたのが、今回の「NEW LOVE」なのではないかなと聴きながら思いました。

 

全バンドマン、B’zファン必聴の一枚です!

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

-おすすめ, 音楽
-, ,

執筆者:

関連記事

【コラム】タメシビキ会!どれが好みか!?デジタル対実機!Fractal Axe vs Kemper vs Two-Rock

こんにちは。   著者のゆっくんです。   前回の記事の続きになりますが、ギタリスト「山口和也さん」の開催する「タメシビキ会」へ参加してきました。 前回の記事では、会のきっかけにな …

2017年の締めくくり

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今年も最後の日になりましたね。 僕の今年の1年は本当に充実した事が多い年でした。 目次1 毎月開催のセッションへ参加2 洋楽カバーバンド「Joker」発足3 初めて …

【機材レビュー】Bondi effects Sick As Overdrive

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回はまだ有名ではありませんが、知る人ぞ知りどんどん有名になってきているブランド「Bondi effects」から「Sick As Overdrive」をレビューい …

【機材レビュー】極上のドライブサウンド!Peavey 6505 MH Japan Limited

こんにちは。 著者のゆっくんです。 先日開催された「タメシビキ会」で僕が最も衝撃を受け、予算があればその場で手に入れたくなったアンプがあります。 それがこちら! Peavey 6505 MH Japa …

ギターアンプについて

こんにちは。   著者のゆっくんです。   今回はギターアンプについてご紹介いたします。   ギターを始めたばかりの方から、現在活動中の皆様にも参考になればと思います。 …

サウンドハウス