ギター旅人

ギタリスト ゆっくん 公式ブログ

コラム 音楽

Gibson 頑張れ!

投稿日:

こんにちは。

著者のゆっくんです。

かなり個人的な感情でのタイトルで始まりましたが、なんとギター界の超大御所ブランド「Gibson」が倒産の危機だと言うこと。

 

僕個人としては、本当に大好きなブランドだし、過去の名演を彩ってきたギターブランドさんがなくなってしまうのは嫌です。

 

昔にもGibsonは経営危機に瀕したことがありますがその点も踏まえて、改めてGibsonのギターの魅力と言うものを書いていきたいと思います。

ギター界のロールスロイス

Gibsonは僕の中ではギター界の「ロールスロイス」だと思っています。

置いてあるだけで美しさを感じさせるボディ。

左右対称の整ったヘッドデザイン。

女性のようなくびれのあるボディライン。

王者としての貫禄。

 

ストラトキャスターが機能美を追求した「フェラーリ」だとしたら、レスポールはまさに「ロールスロイス」

 

1本手元にあるだけでも満足感が半端ではありません。

まだ触れたことがない方、ぜひ手に取ってみてください。

その満足感たるや本当に素晴らしいものです。

 

80年代の経営危機

実は昔、80年代頃にもGibson社は経営危機により瀕死の状態であったことがあります。

 

その状況を救ったのがGUNS’N’ROSESの「Slash」です。

 

周りのバンドのギタリストがこぞってコンポーネント系や変形ギターやストラトを使っている中、Slashは一人レスポールを低く構え、古の「Rock’n’rol」の世界から飛び出してきたギターヒーローのように立ち振る舞い、素晴らしいサウンドを奏でて改めてGibsonのレスポールと言うギターの魅力を全世界に広めました。

 

この功績より、SlashはGibsonからシグネイチャーモデルを出しております。

 

そのサウンドが聴けるのが1stアルバム。

 

バンドのデビューアルバムでありながら、最高のセールスを叩き出し「ロックの名盤100選」には必ず選ばれる作品。

 

ぜひ一度聞いてみてください。

 

他にもオススメなのはTOTOのアルバム。

スティーブ・ルカサーも大のレスポール好きで自分のモデルができるまではかなりの頻度でレスポールを使用しています。

僕がオススメするのはこの「TOTO Ⅳ」

 

非常に分厚いバンドサウンドに絡んでくるギタートーン。

これぞ「ルカサー節!」と言うものを余すことなく聴ける一枚です。

 

あと一人。レスポールではなく「335」というギターを操るギタリスト。

 

ラリー・カールトン。

 

この人の「優しく」「甘い」「木の音」がするギターサウンドは本当に素敵で、今でも僕の部屋ではほぼ毎日BGMとして流れています。

 

全世界でスマッシュヒットとなったラリーカールトンの処女作にして出世作。

 

フュージョン100選があると必ず選ばれる名盤です。

 

この作品たち以外にも、Gibsonがあったから生まれてきた名盤や名演はたくさんあります。

 

だからこそGibsonには頑張って欲しい!

重い…だがそれがいい

しかし…Gibsonのギターが敬遠されるのはわかるところもあるんです。

 

なにより「重い」のです。

ストラトやテレキャスは3.3〜3.7Kgくらいですが、Gibsonは平均しても4Kgになりますし、カスタムシリーズの重いものなど5Kgを超える個体があります。

 

しかし、その重みがあってこそ出てくる「音の重厚さ」

 

これは何者にも変えられず、他のギターでは絶対に出ないサウンドなのです。

 

仮にストラトやテレキャスにハムバッカーのピックアップを搭載しても絶対にこの「音の太さ」は出ません。

 

唯一無二のサウンドを持つギター。

 

それがGibsonのギターなんです。

 

新しいギターヒーローの存在

とは言え。

 

どうすればまた経営が戻るかと考えると、安直ですがもう一度ギターヒーローが生まれることがあれば…と考えてしまうのです。

 

もしくはもう一度「けいおん!」みたいなバンド系のアニメとかでめっちゃ脚光を浴びるとか。

 

あくまで日本のみになりますが…

 

世界的に見ると、シンガーソングライターの方々がこぞってGibsonを使ったりしてくれてたら変わるのかな…などど著者は考えております。

まとめ

少しではありますが、僕の中のGibson愛を書いてきました。

 

Gibsonがあったから生まれてきた音楽はたくさんあって、本当にたくさんの方々の耳に「Gibsonサウンド」は届いております。

 

僕が敬愛する「B’z」の松本さんもGibsonのシグネイチャーギタリストですし、僕自身もバンドの際はGibsonを使っています。

 

どうにかこの危機を乗り切って、これからも素晴らしいギターを作っていただきたいと切に願ってます。

 

頑張れ!!Gibson!!

 

ご覧いただきありがとうございました!

-コラム, 音楽
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

効果的なスタジオリハについて〜意識編〜

こんばんは。 著者のゆっくんです。 今回はバンドでの活動の際に必ず使用する「スタジオリハーサル」の効果的な活用法について書いて行きたいと思います。 あくまでも僕の実体験を基に記載いたしますので、不足点 …

no image

楽器を手に入れよう!

こんにちは。   著者のゆっくんです。   今回は「楽器を手に入れよう」というテーマを上げて行きたいと思います。   現代では、様々な方法で楽器を購入することが出来ますの …

【機材レビュー】一台あると超便利な優等生 Xotic RC Booster

こんにちは。 著者のゆっくんです。   今回は1ギタリストに1台あっても良いかもと思えるベストセラー製品「Xotic」のRC Boosterをレビューしたいと思います!   発売か …

【コラム】ヴィンテージから珍しい機材まで!タメシビキ会に参加してきました!

こんにちは。 著者のゆっくんです。 2020/02/02に開催されたプロギタリスト「山口和也さん」が企画してくださった「タメシビキ会」に参加してきました。 今回も多くの方が自慢の機材を持ち寄り、素晴ら …

no image

効果的なスタジオリハについて〜実践編〜

こんにちは。 著者のゆっくんです。 前回書いた「効果的なスタジオリハについて〜意識編〜」の続きです。 もしご覧になっていらっしゃらない方はあわせてご覧いただければと思います。 効果的なスタジオリハにつ …

サウンドハウス