ギター旅人

ギタリスト ゆっくん 公式ブログ

バンド 音楽

【ライブ】1年4ヶ月ぶりのライブ!名曲ばかりのコピバン!ミリオンボーイズのライブをやってきました!

投稿日:

こんにちは。

著者のゆっくんです。

先日、2019/9/28に久しぶりとなるミリオンボーイズのライブを行ってきました。

ご来場いただいた皆様に本当に感謝いたします。

対バンの方々もすごく良い方ばかりに恵まれて楽しい時間を過ごすことができました。

トラブルやイレギュラーなどもありましたがそこのところも含めて書いていきたいと思います。

メインのストラトが故障!?

当日の朝のことですが、メインで使用しているストラトから音が出なくなりました。

これには本当に焦りまして、即ギターショップに持ち込んだのですが原因不明…

当日ストラトを使用することは出来ず、ミリオンボーイズやセッションではあまり使用しないGibson Tak DCを使用することにしました。

※ストラトは現在戻ってきており、原因はハンダの経年劣化でした。

こういう時に慌てないためにも普段から2本とも戦闘態勢にしておくことは大切だなあと常々感じました。

そしてライブへ!

イベントはJ-POPバンドと洋楽コピバン、そして僕たちミリオンボーイズの3組。

そのバンドさんも所謂「名曲」に焦点をあてて演奏をしてくださったので本当にイベントをまるごと楽しめました。

時間が経つのがすごい早かったです。

こうやって考えた時にコピバンで1番大切なのは…

「自分たちが演りたい曲」だけでは無く。

「お客さんが楽しんでくれる・喜んでくれる事」を前提にセットリストを組むことが大切だなと感じました。

ミリオンボーイズ セットリスト

今回のミリオンボーイズのセットリストはこちら!

1.いいわけ(シャ乱Q)

2.誘惑(GLAY)

3.Lemon(米津玄師)

4.このまま君だけを奪い去りたい(DEEN)

5.POP STAR(平井堅)

6.夏を抱きしめて(TUBE)

7.Heaven’s Drive(L’Arc〜en〜Ciel)

8.イチブトゼンブ(B’z)

9.I was born to love you(Queen)

20代前半から50代まで楽しんでもらえるようなセットリストを組みましたが大正解でした!

6〜9までのアップテンポの曲ですが、キーが高い曲が連発したのでボーカルのはたゆーくんに無理をさせてしまった感がありましたが、歌い切ってくれて本当に凄かったです。

めちゃくちゃ使いやすいHelix LT!

今回もHelix LTでライブを行ったのですが、本来はストラト用として音作りをしているのをレスポール系の音作りにしなければならなかったのですが…

ライブ中にも足元だけでパラメーターコントロールが出来るEDIT MODEがめちゃくちゃ楽でした!

主にGain,3band EQをいじりましたが、本当に使い勝手良くて最高でした。

これに慣れてしまうと他の機材をいじる時に「屈む」のが出来なくなります(笑)

最後に…やっぱり音楽は演っても聞いても楽しい!

今回も思いましたが、本当に音楽は演っても聞いても楽しい時間を過ごせるということ。

特に知ってる曲が多いと尚更のこと。

こういうイベントをもっと演っていきたいなって思いましたし、またこんなイベントに参加してくれる方々とつながっていきたいと思いました。

興味を持ってくださった方はぜひ、10月19日のミリオン・ドラマ・シネマ主題歌セッションにもお越しください!

ご覧いただきありがとうございました!

-バンド, 音楽
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

【機材レビュー】これ一台でブースターからオーバードライブまで!Xotic BB Preamp AT

こんにちは。 著者のゆっくんです。 Xoticからまた素晴らしいペダルが登場しました。 Xotic BB Preamp AT アンディ・ティモンズが所有するBB Preampを解析し、さらにチューンア …

【サウンドメイク】予算10万で作るB’z Tak Matsumotoサウンド

こんにちは。 著者のゆっくんです。   今回は「予算10万円で作るB’zギターサウンド」と称しまして…   どれだけ予算を抑えて、B’zの松本さんっぽい音を …

【コラム】タメシビキ会!どれが好みか!?デジタル対実機!Fractal Axe vs Kemper vs Two-Rock

こんにちは。   著者のゆっくんです。   前回の記事の続きになりますが、ギタリスト「山口和也さん」の開催する「タメシビキ会」へ参加してきました。 前回の記事では、会のきっかけにな …

no image

有難い悲鳴

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今年に入ってから自身のイベントや、セッションのお誘いなどが多くあり非常に有難い悲鳴が出ております。 そんな中、どうやって全ての工程をこなしているか。僕なりではありま …

Atomic Amplifireについて

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回はStudio Devil社の「Atomic Amplifire」について書いていきます。 前回のGT-1のレビューも併せてご覧いただければ幸いです! あくまで …

サウンドハウス