ギター旅人

ギタリスト ゆっくん 公式ブログ

機材 音楽

【機材レビュー】極上のドライブサウンド!Peavey 6505 MH Japan Limited

投稿日:

こんにちは。

著者のゆっくんです。

先日開催された「タメシビキ会」で僕が最も衝撃を受け、予算があればその場で手に入れたくなったアンプがあります。

それがこちら!

Peavey 6505 MH Japan Limited

 

アンプ自体はPeaveyの名機「5150」の後継機種で、そのアンプがダウンサイジングされた一品。

 

真っ先にタメシビキをさせていただいたのですが、本当に素晴らしいアンプで欲しくなりました。

 

準備してくださったのはPeavey Japanのコヤマさん。

すごく良くしてくださり、色んなお話も聞かせて頂きました。

 

こんな素敵な場を用意してくださった山口さんにも本当に感謝です!

Peaveyの至高のドライブサウンド!

ジャックインしてパワーコードを一回鳴らした瞬間に世界が変わるような衝撃でした。

 

ブログ内でもTwitterでも書いていますが、僕は大のEVHファンで特にPeaveyのアンプを使用している頃のエディーの音が大好きなのです。

 

もう…ごんぶと!!

 

と言えるほど音に厚みのあるディストーション。

 

豊かなサステイン。

 

下にも上にも突き抜けるようなローとハイレンジ。

 

僕が大好きな!

 

そして会場の皆さんが!

 

ロックギターをやる人ならば好きな音がそこで出てきました。

 

Marshallでは「チリチリ」とした感じがある所もしっかり鳴りきっていて超気持ちいいんです!

 

実機の6505は久しぶりに弾きましたが、こんな良いアンプだったのか!

 

と改めて感動しました。

 

担当のコヤマさんにお話を聞いた所、前の仕様のアンプとは内部が少し変わっているとの事でその恩恵かなと思いました。

EQはかなり効きます!

同じ様に参加されていたプレイヤーの方に弾いてもらって、僕はその時にEQを触らせて頂きました。

 

6505の特徴でもある「Resonance」と「Presence」はかなりサウンドに影響を与える感じで12時あたりが僕と弾いてる方のスイートスポットでした。

 

完全にオフにすると6505の「美味しい所」が少し影を潜めてしまうので是非使って欲しいです。

 

また3band EQも効きは良いです。

 

特にMidのコントロールが肝かなと感じました。

 

かなり押し引きが出来るのでバンドのカラーに合わせて調整するのがグッドだと思います!

 

僕が使うならばバッキング用には少しMidを抑えて、リードの時にミッドブーストする使い方をすると思います。

どこでも使える超優等生!

さらに感動ポイントがありました。

 

こういうヘッドアンプってライブハウスとかスタジオじゃないと使えない環境なのが日本。

 

※住宅事情でしょうがないですよね…

 

しかしこの6505MHは20wの仕様の他に「5w」と「1w」の出力にも対応してます!

 

そしてヘッドホンアウトもラインアウトも搭載!

 

という事は、自宅で音の作り込みも可能ですし、宅録にも使えます。

 

これは有り難いです!

 

山口さんとも話しましたが、自宅で使用する際、ヘッドアンプはダミーロードなどを通して音量をコントロールして使う必要があるのですが「音が変わってしまう」というデメリットもあるので出来ればダミーロードは使いたくない…

 

でもアンプ自体が出力を変える事ができるならばその心配がありませんし…

 

仮に自宅から会場に移った際、自宅では出せない音量なのでその場で適宜調整を行えばOKです。

 

しかし、1番魅力なのは自宅の仕様ではなくやはりライブハウスで爆音で使う事。

 

これこそ6505のポテンシャルをフルに発揮できるのだと思います。

 

ですから…お願いしますので全国のライブハウスの皆様。

 

置いてください。

 

僕…使います(笑)

※超個人的希望ww

クリーンChもグッド!

6505MHはクリーンも気持ちいいです。

 

僕はかなりGainを抑えめにして使用しましたが、本当に「パキッ」としたクリーンサウンドでカッティングとかも綺麗に鳴ってくれます。

 

そういった使い方も良いのですが、別の参加者さんが行なっていた…

 

「クリーンChでGainを上げ目にしてクランチ/ODサウンドを作る」

 

というのがまた良い音。

 

クラシックロックをやるならば十分な歪みの量で、あとは手元のボリュームコントロールで調整するのが良いかなと思います!

 

特にBarみたいな会場でライブ活動を行われている方々にはツボな音だと思います!

圧倒的コストパフォーマンス!

これだけの事ができる6505MH。

 

さぞや高い物なのだろうと思いました。

・音が良い

・使う場所を選ばない

・w調整が出来る

・音作りがしやすい

 

そうしたら何と…「7〜8万くらいですよ!」と。

 

社会人ギタリストの方ならば2〜3ヶ月あれば買えますよ!(笑)

※もちろんヘッドアンプのみの価格です。

 

エディー云々は抜きにしても完成度の非常に高い6505シリーズ。

 

この音が好きな方は手にした方が良いと思います!

まとめ

今回はPeavey 6505MH Japan Limitedについて書いてきました。

 

本当に素晴らしい音で、個人的な話ではありますが僕にとっての青春の音ですし、1番憧れた音でもあるのです。

 

というより、会場のギタリストの皆さんめっちゃ弾きまくってましたしwww

 

やっぱりギタリストが好きな音の1つ。

 

それがこの6505なんだなと感じました。

 

あの音に憧れた方々は皆さん一回は触った方が良いと思えるそんなアンプ!

 

6505はめっちゃオススメです!

 

今回、タメシビキをさせてくださったコヤマさん。そして山口さんに心から感謝申し上げます。

 

ありがとうございました。

 

そしてご覧頂き…ありがとうございます!

-機材, 音楽
-, , , ,

執筆者:

関連記事

【御礼】TRAD ROCK PARTY vol.2 最高の盛り上がりになりました

こんにちは。 著者のゆっくんです。   2018/08/18に開催されました「TRAD ROCK PARTY」は無事に開催されそして終演いたしました。   vol.2ということもあ …

【音源レビュー】時代に逆行した最新作!!B’z「NEW LOVE」

こんにちは。 著者のゆっくんです。   2019/05/29に発売されたB’zの21枚目の最新作。 「NEW LOVE」 前作「Dinosaur」から約1年半ぶりの作品。 &nb …

【コラム】タメシビキ会!どれが好みか!?デジタル対実機!Fractal Axe vs Kemper vs Two-Rock

こんにちは。   著者のゆっくんです。   前回の記事の続きになりますが、ギタリスト「山口和也さん」の開催する「タメシビキ会」へ参加してきました。 前回の記事では、会のきっかけにな …

【2018年まとめ】今年も一年ありがとうございました!

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今年も遂に今日の大晦日で終わりですね。 そこで今日は2018年の総括をしたいと思います。 本当にたくさんの事がありましたし、たくさんの行事に参加してきました! 目次 …

【機材レビュー】GT-1の利便性について

こんにちは。 著者のゆっくんです。 今回はBOSSのマルチエフェクター「GT-1」のレビューを行ってまいります。 検討されている方のご参考になれば幸いです。 スペックなどについてはBOSSのメーカーサ …

サウンドハウス