ギター旅人

ギタリスト ゆっくん 公式ブログ

機材 音楽

【機材レビュー】モダンでビンテージなストラトXotic XSC-2は凄かった

投稿日:

こんにちは。

著者のゆっくんです。

今回はストラトは好きなんだけど、ハムの音も欲しい!という方。

ドンピシャなギターがありました。

EP-Boosterなどで多くの方々も使っているXoticから出ているギターが本当に素晴らしかったです。

モダン過ぎず、でもパワーはある。

ビンテージ風なのだけど、弾き心地はまさに最高。

そんな素晴らしいXoticのストラトXSC-2をご紹介して行きます!

Xotic Guitarとは…

そもそもXotic GuitarとはアメリカはLAに工房を持っており、エフェクターやプリアンプをはじめ様々なラインナップを取り揃えております。

 

その中でもXoticのギターは工房で一本一本手作りで作成されており、非常にクオリティの高いギターを作っています。

 

僕も5〜6本試奏をしてまいりましたが、本当に所謂「ハズレ」がなく、どのギターも個性は違えど気持ちよく弾ける一本でした。

 

シリーズ別に弾いてきましたが各シリーズは以下の通り。

 

・XSシリーズ

・XSCシリーズ

・XTシリーズ

どれもとても手になじみがよく、ネックの感じも太過ぎず細過ぎずでした。

※手の小さい方は少し太いと感じるかもです。

どんな方におすすめか?

僕が弾いて来たのは「Xotic XSC-2」というリアがハムバッカーになっているタイプでした。

触れた感じだと…

1.ストラトは好きなんだけど、リアシングルじゃ使い辛くて、がっつりとハムバッカーの音が欲しい人

 

2.現行品の元気な音ではなく、どこか「ビンテージ」を感じれるようなサウンドフィールが欲しい人

 

3.見た目がカッコいいのが欲しい人(笑)

 

4.どこの現場でも対応できるギターが欲しい人

 

ですね。

 

音はかなりビンテージのストラトを意識しているのだと思われます。

実際にフロントやセンター、ハーフトーンは本当に「木」の鳴りがしまして温かみのある、そして枯いたストラトの音がします。

 

クランチサウンドとか本当にドンズバ!なギターでして、歌モノのバックとかでは最高に使い勝手が良さそうです。

※巧すぎて聞き入りましたw

 

リアのハムバッカーもモダンな音ではなく、やはりビンテージのPAFを意識した音色でこちらも使いやすい音色です。

 

クランチからディストーションサウンドまで弾いてみましたが、音の伸びが良いのとしっかりとギター本体の鳴りを拾ってかなりがっつりしたロー・ローミッドが出ました。

 

あとは音作りでどこまで追い込めるか?だと思います。

 

チョーキングやビブラートもとてもかけやすく、少し大きめのフレットが本当にストレスフリーです。

 

ここまで良い面を書いてきましたが、マイナス面があるとすれば「モダン」な音色は少し出し辛いかなと思いました。

 

またシンクロナイズドトレモロが標準装備のため、アームをガンガン使ったプレイをされたい方は難しいかなと。

 

それでも少しだけ「アーム」を使う分には音の狂いもなく、綺麗にトレモロをかけることが出来ました。

ビンテージか、Xoticか?

と問われた時は僕は真っ先にXoticを取ると思います。

 

もちろんギタリストとしては「1954」「1963」など触りたい・持っていたいビンテージのストラトはあります。

※ちなみに…1954年はストラト最初期のもので本当に素晴らしいです。また1963年が欲しいのはSRVとJohn Mayerの影響(笑)

 

しかし、価格やメンテナンス。

そして使い回しの良さなどを鑑みた時「ビンテージサウンドを意識したギター」であるXoticは本当に良いと思います。

もし…プレイヤーとして良いストラトが一本欲しい人がいたら「Xotic弾いてみたら?」と第一声で言えると思います。

最後に

今回は初めてXoticのギター達に触れてきた訳なのですが、本当にクオリティが高く尚且つ音もルックスも良いギター達に出会えました。

 

日本では菰口さんが、世界ではAllen Hinds氏が使用している事で有名です。

お二人がXoticを使いたくなった理由がわかったギター探しの旅でした。

 

長く試奏させてくださったギターShopの皆様。

 

ありがとうございました!

 

そして…ご覧頂きありがとうございました!

-機材, 音楽
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【コラム】ついに登場!最高のタメシビキ会!ビンテージギター!54年Conversion LesPaulと62年Stratocaster!

こんにちは。 著者のゆっくんです。 前回、前々回の続きで今回もギタリストの山口和也さんが開催してくださった「タメシビキ会」での記事になります。 前々回はTwo-Rockのアンプについて。 【コラム】ま …

【コラム】機材の転換が早いことの利点について

こんにちは。 著者のゆっくんです。   アマチュアでも、プロでも必ずあるのがこの「転換」   この転換にかける時間が早いと本当にいろんな意味でメリットがあります。   僕 …

【機材レビュー】超優等生!Fender American Eliteシリーズ

こんにちは。 著者のゆっくんです。   今回はFenderの最新機種「American Elite」をレビューしていきたいと思います。 2016年に発表されたAmerican Eliteシリ …

【オススメ曲】バンドを始めるならこの曲をおすすめします。B’z 「愛のバクダン」

こんにちは。 著者のゆっくんです。 先日、友人から「バンドを組んだんだけど何かやりやすい曲ある?」と聞かれまして… (これは記事にできるぞ…へへへ…※ゲス顔) と思い、友人にはこの曲をオススメしました …

【コラム】セッションに参加するギタリストのための準備について

こんにちは。 著者のゆっくんです。 僕自身が開催しているセッション「ミリオンオーバー・ドラマ主題歌セッション」がありますが、僕は他のセッションにもよくお邪魔します。 で、まだセッションに行ったことがな …

サウンドハウス